カビのチャンピオンこと株式会社ビッグホワイの社長が日々のカビとの戦いをブログで紹介します。

2018年4月~7月のブログ

 

 公開日:2018年07月24日

愛知のカビ取り業者、今夜は静岡県でカビ取り施工

今夜は静岡県の食品スーパーのカビ取り施工。

加盟店の池谷さんが受注した現場の応援で来ています。が、上の画像:なんと天井に大量の水滴が・・・

もちろんそれが呼び水となってカビが繁殖してます。

ホテルの大浴場よろしく、今にも水滴が落ちてきそうです。ここまで来るとカビ除去もさることながら、素材の劣化が加速度的に進む危険性大。

店内の除湿対策は弊社にお問い合わせ頂ければ、アドバイスできるのになあ・・・・・

下の画像:天井塗装面のカビ除去後。

素材が水分を含んでいる箇所とそうでない箇所があるため、薬液の反応がマチマチになってしまい色むらができてしまいました。この環境下なら仕方なし。

カビが大量に繁殖しているのと比べると、お店側も納得でしょう。

 

 

 

 


 

 公開日:2018年07月22日

愛知のカビ取り業者、新潟で初のカビ取り施工

さあ、いよいよ施工本番の朝を迎えました。

メンバーは石原信・石原将太郎と応援に駆け付けて下さった松田・倉田・松原の御三人。

気心知れたいつもの顔ぶれで、安心感があります。

冷凍庫裏の壁面とダクトのカビ処理。

ここは出荷場を兼ねており暖気が入り込みやすくカビが繁殖しきっていました。

下の画像は簡易商品置き場、天井から吊っているエアコンの廻り、但し、この高さが8メートル以上。

フォークリフトにパレット12段積み上げ、その上に乗っての作業。これ、絶対に安全義務違反です。

しかもエアコンが強烈な冷風を吐き出すため、すこぶる寒い環境。20分も作業をすると指先がかじかんできてたまりません。寒さのために作業中断です。

しかし、そこは『カビ取りのチャンピオン』このようにきっちり仕上げました。

食品工場はカビに悩んでいる所が多いのですが、飛び込み営業では効果が期待できません。今回のように工場と取引のある商社さんとの同行営業は契約率が高いので助かります。

 

 

 

 


 

 公開日:2018年07月21日

愛知のカビ取り業者、新潟で前夜祭

以前より、新潟の商社の方々とBAN施工の営業を行っており、この度、初受注を頂きました。

明日はその施工日。BANメンバーが5人新潟に乗り込んできました。

『新潟は俺の街だ!』と豪語する松田さんに連れてきてもらった料理屋さん。

明日の打合せもそこそこに、宴会が始まりました。

でかいアワビ、巨大なつくね、コリコリのさしみ等

満喫しました。みんな、明日の施工のことはすっかりわすれて社員旅行気分です。

 

 

 


 

 公開日:2018年07月16日

愛知のカビ取り業者、これ!カビ取り業者の仕事?

近在の開業医の先生から、院内のスリッパのカビというか汚れを取って欲しいと依頼がありました。通常スリッパは買い替えが基本だと思うのですが、ついでに外壁や縁石の施工もあり引き受けました。

スリッパのカビ取りは初めてでしたが、ご覧のように完璧な仕上げ。これは上松君に任せたものです。

院内は先生のご厚意でエアコンがバンバンに効いている中での作業です。かたや、私は、この猛暑の中ず~と外回りの作業。こまめな水分補給をしていたのですが、頭クラクラ、唇は渇き、景色は黄ばんでくる始末。ズボンは失禁したのか汗なのかわからない状態。病院の敷地内で熱中症になるわけもいかず、なんとか作業を終え、車内に飛び込みエアコンを強にしてホット一息。自撮りしてみると、憔悴しきった自分がいました。

 

 

 


 

 公開日:2018年07月12日

愛知のカビ取り業者、京都でカビ取り施工

大雨の中、京都でのカビ取り施工。

食品加工工場の天井のカビです。

天井の白くなっている箇所は、工場のスタッフの方が防カビ塗料を塗った所だそうです。

防カビ塗料を塗った場所とそうでない場所に関係なくカビが均等に繁殖しています。

やはり、防カビには限度があるとつくづく感じました。弊社が推し進めているBAN system の優位性を目の当たりにした現場です。

 

作業前に牛田さんお得意のKY活動です。

 

ブログ用にと牛田さんが私を撮影してくれました。

が、この服装では本人しかわからないですが、牛田さんのご厚意に感謝です。

 

 

 


 

 公開日:2018年07月07日

愛知のカビ取り業者、東京でカビ取り施工

7月1日に施工してきた現場を紹介します。

東京で食肉を扱っているところです。

結露が酷くカビが元気に繁殖しています。

お肉を取り扱っている工場のカビは、スーパーの天井のカビとは少々違います。栄養の高いお肉のエキスで育ったのか生命力が強く感じられます。

事前にデモ施工は済ませているのですが、いざ施工本番となると勝手が違ってくることもあります。

いつも肝に命じているのは

『現場ではトラブルがあって当たり前』

『トラブルがなくスムーズに進めばラッキー』の姿勢

少々のトラブルは現場で話し合いながら修正していけば良いのです。

この現場、生肉を扱っている為、作業中や道具の搬入において高い衛生管理を要求されました。

とても良い経験になりました。

 

東京のマンホールは桜のイメージです。

 

 

 


 

 公開日:2018年07月04日

愛知のカビ取り業者、ケアテックス福岡2日目

7月4日。ケアテックス福岡の2日目です。

会場はマリンメッセ福岡という所です。

地下鉄から歩いて来ることができれば、もっと集客につながるように感じました。

福岡市のマンホールには文字がありません。

機械を形取っているのでしょか?

この日も来場者は後を絶ちません。特にCELA水への食いつきが顕著でした。まだまだ次亜塩素酸も拡販の余地があると改めて思いました。

展示会終了後、松田さんと広島まで走り一泊。

お好み焼きで有名な『八昌』に連れて行ってもらいました。ここのお好み焼きは真ん丸ではなく楕円形をしていました。料理中のスタッフの真剣な顔を写真に納めましたが、肝心のお好み焼きは撮り忘れてしまいました。

食後に松田さんと二人で夜の原爆ドームを見に行きました。

 ロマンチックに欠けた行動でした。

 

 


 

 公開日:2018年07月03日

愛知のカビ取り業者、ケアテックス福岡

7月2日。ケアテックス福岡初日は台風直撃でした。

横浦さんが初めて単独で出展する展示会なのにこの悪天候。設営の準備完了で来場者を待ちます。

台風で来場者の足がストップしてしまうのではないかと心配で受付を見に行ってみると、なんと長蛇の列。

九州の人たちは台風など全く気にしない様子。

流石!

記念に私の写真を撮ってもらいました。

そこへ!あらあら!山口県の加盟店である上栗さんが

差し入れ持参で来てくれました。

BANのポロシャツまで着て、ハイ ポーズ。

九州初の医療・介護系の展示会でしたので、お客様は真剣な方が多く、こちらも接客に力が入りました。

いつも展示会ではブースにほとんどいない松田さんが

ず~とお客様に対応するほどの大盛況!

夜はまたしても横浦さんにごちそうになりました。

昼はブースでイカのニオイを消すデモをやり、夜はイカの生き造りを食しました。

 

 

 


 

 公開日:2018年07月02日

愛知のカビ取り業者、大失態 その2

7月1日 東京・品川でカビ取り施工を行い、その足で一路九州へ!福岡の横浦さんが『ケアテックス福岡』に出店の為、応援に行きました。途中福山市で一泊し2日に福岡入りです。松田さんと一緒に車で1,200㎞。

SAで昼食。鉄板焼きラーメンを初めて食べました。

比較的あっさり味。

この日は展示会の設営。松田さんと横浦さんが頭を抱えています。なんと!設営ラックのジョイント部品全てを忘れてきてしまい設営ができないのです。

犯人は私、石原でした。参った!間に合いません!

急遽、ラックのリースを手配してなんとかセーフ。

なんとか設営も終わり、3人で夕食。

大変迷惑をかけたのですが、横浦さんは激怒することもなく夕食を御馳走してくださいました。

夕食代を支払った横浦さんは、なぜか大ご機嫌!

横浦さんの画像がピンボケなのは、私が酔っぱらっているからです。

 

 

 


 

 公開日:2018年06月25日

愛知のカビ取り業者、大失態

本日は愛知県豊明市のスーパーでカビ取り施工です。

マンホールの柄は桶狭間の戦いをモチーフにしているのでしょう。武者が馬に乗っているように見えます。

養生を終えカビ取り施工。このブログに最も登場回数が多い倉田さんと私の息子がなぜか1本のポールで施工していました。施工はいつものように完璧に終了。

片付けの際、養生シートのカットの為に持ち込んだ黄色のカッターナイフが見当たりません!

『えらいこっちゃ!』と全員で店内を探しまくりました。みんな必死で探しているにもかかわらず、なんと

倉田さんは全く関係ない個所を何食わぬ顔で探していました。

30分後、無事カッターナイフは見つかりホットしましたが、このような事が又起こらないようカッターナイフにヒモをつけることにしました。

 


 

 公開日:2018年06月22日

愛知のカビ取り業者、東京で完璧デモ施工

本日は東京へデモ施工のため出張。350㎞。

東京の食肉加工場でのカビ除去のデモです。東京の加盟店で孤軍奮闘している久保さんにも同行をお願いしました。

食肉加工場のカビはスーパーのカビとは違うことは経験上熟知しておりましたので、デモ施工は完璧のうちに終了。その場でザックリの施工金額を提示。即、正式な見積もり依頼。

この辺のスピード感は大事ですね。

尚、ここは牛ちゃんの加工場。ぶら下がっているのは

『枝肉』と呼ばれるものです。700㎏あるそうです。

以前、四国での加工場は豚ちゃんの枝肉でしたので

その違いに圧倒されました。

豚ちゃんの枝肉の画像と比べてみて下さい。

 


 

 公開日:2018年06月21日

愛知のニオイバスター、火事被害の消臭

本日はニオイバスターとしての消臭施工です。

3階建ての商業ビル。その3階で火事が発生したそうです。ススや消火剤のニオイが1階の美容室に蔓延。

保険会社から清掃部隊が来て手を入れたそうですがあくまで大雑把な仕事。スタッフが備品や壁をお掃除してもニオイが残り困り果てて弊社に連絡がありました。最もニオイがきつい個所を徹底的に消臭施工することで全体のニオイ軽減を試みます。

このあたりがニオイバスターの面目躍如。自画自賛。

弊社生成の消臭剤CELAを電動スプレーガンと超音波霧化器で噴霧。しかも超音波霧化器をなんと3台持ち込んでの施工。実はこれ特筆物。この超音波霧化器、

複数台を現場に持ち込むのは弊社だけ。

施工後、オーナーやスタッフの方に丁重に御礼の言葉を頂きました。

 


 

 公開日:2018年06月20日

愛知のカビ取り業者、車内のヤニ取りに挑戦

 弊社のハイエースのヤニ取り。

私は禁煙もできない、意志の弱いヘビースモーカーです。『いしはら しん』改め『いしよわ しん』としたほうが良いかもしれません。

ハイライトのヤニがハイエースの天井から何から何までビッシリ。 そこで、一念発起、車内のヤニ取りを試みました。が、運転席の天井はなにやら布製みたいなものです。素材名はわかりません。よそ様の車では実験できませんが自社の車なのでやってみることにしました。

施工後は完璧な仕上がりで納車当時のように蘇りました。が、染み込みやすい素材の為、ヤニ戻りがあるかもしれませんので翌日まで様子を見ることにしました。そして次の日、やはりヤニがぼんやり浮き上がってきている箇所がありましたので、再度薬液を塗布して完了!

使用薬剤は弊社のカビ取り剤です。

 


 

 公開日:2018年06月12~13日

愛知のカビ取り業者、石川県でデモ施工

 昨夜、夜中の12時過ぎまでカビ取りを行い帰宅。

一人酒を束の間楽しみ就寝。朝6時に石川県に出発!

売れっ子芸人なみのスケジュールなのです。

この日は、加盟店の池谷さんと改修工事中のホテルへ。

大浴場の石材のデモ施工です。

温泉の成分に鉄分が多いのか御影石が茶色に変色していました。

私は『カビ取りのチャンピオン』又は『ニオイバスター』と呼ばれていますが、実はこんな技も持っているのです。

昔から言われていますよね『能ある豚はへそを隠す』と。

そうそう、ここで池谷さんの画像をアップします。

なかなかおしゃれな人なんです。

誕生日のこの日はホテルに泊まって、近くの中華料理店で池谷さんとビールを飲みました。

池谷さんはレタスチャーハンを注文していました。

 


 

 公開日:2018年06月11~12日

愛知のカビ取り業者、岐阜県のスーパーでカビ取り施工

今月は滅茶苦茶忙しい。

今夜は岐阜県のスーパーマーケットの売り場の天井のカビ取り施工です。

スーパーの冷凍食品の上の天井にはよくカビが発生します。それは冷凍器から冷たい空気が天井に上がっていき天井素材表面に結露が起きるためです。

閉店後から施工をはじめ、深夜12時チョイ過ぎに施工は無事完了しました。が、12時を過ぎたということは今12日。

私の60才の誕生日なのです。

去年の誕生日は代理店の松田さん達と泊りでデモ施工を行っており草津温泉で迎えました。そして今年は各務原市の現場です。さて来年は・・・・・

この日も一緒に施工していた加盟店の倉田さんだけが祝ってくれて、記念に写真まで撮ってくれました。

赤いちゃんちゃんこの代わりに赤い壁を背景にしました。

髪の毛がヘンなのはヘルメットをかぶっていたからです。

必死に施工していた倉田さんは首筋が汗まみれ。

写真を撮ったけれど、どこが首でどこがアゴかわかりません。 


 

 公開日:2018年06月09日

愛知のカビ取り業者、春日井で消臭施工

 昨夜の愛媛県でのカビ取り施工は9日の朝方4時に終了その後トンボ返りで愛知県に。そのまま春日井市に移動して消臭施工です。

私は『カビ取りのチャンピオン』と呼ばれていますが実はもう一つの顔をもっています。

それは『ニオイバスター』としての消臭施工です。

この日は、食品加工工場(魚介類)の退去後の消臭。

一般の方は、消臭というとファ○リーズのCMのように消臭剤をスプレーすればニオイが消えると思っているようですが、そんなことは絶対にありません!

市販の消臭剤で事が済むなら、ニオイに悩んでいる人はいなくなるわけですから。普通に考えればわかりそうなものですが・・・・・

弊社生成の消臭剤(マスクなしで作業ができちゃうのです)と特殊噴霧器を駆使し、そこに消臭のコツを混ぜ込んで作業終了。

長い2日間が終わりました。


 

 公開日:2018年06月08~09

愛知のカビ取り業者、愛媛県で2店舗同時にカビ取り施工

  今夜は愛媛県にて天井のカビ取り施工です。

ビッグホワイ始まって以来の2店舗同時作業なのです。

メンバーの振り分けは次の通り。

1店舗目:50歳以上4人、合計年齢210才のオヤジ組。

かたや20~40才台の若手5人、合計200才未満。

『絶対にこちらの方が早く仕上げるぞ!』とオヤジ達4人はシュプレヒコールの雄叫びを上げ作業開始。

結果、メタボ体型のハンディをチームワークと現場力でカバーしたオヤジ組の圧勝に終わりました!

尚、今回オヤジ達が編み出した『秘儀:だんだだん』

『秘儀:カモノハシ』が奏功したことを付け加えておきます。

オヤジ組の一人、倉田さん。ヘルメットは素晴らしいが頭に入らないようだ。

カビ取り施工中の汚水の画像も入れておきます。 


 

 公開日:2018年06月06日

愛知のカビ取り業者、新潟で同行営業とデモ施工③

新潟での3日目。

午前中に商社の本社に顔を出しました。まだ、お付き合いが浅いので何人かの方とお名刺を交換させて頂き弊社のカビ取り施工のベネフィットを説明。

その後、1軒デモ施工をして見積もりゲット。

家族へのお土産に良いものがあると教えてもらい栃尾という場所の『超分厚いあぶら揚げ』を買って帰路に着きました。マンホールの写真も忘れず撮れました。

 

自宅に帰ってさっそく食してみました。たしかに

『うまい!』けど、一人では食べきれませんでした。

 

この3日間、カビ取りのデモ施工をした会社さんでは全て見積もり依頼を受けました。

デモの力は絶大と改めて感じました。 


 

 公開日:2018年06月05日

愛知のカビ取り業者、新潟で同行営業とデモ施工②

新潟での2日目。今日は3軒の訪問予定。

最初の画像は冷蔵庫と壁の隙間に大量のカビが繁殖。

赤矢印がその隙間です。その幅約20cm。

『石原さん、この隙間に入ってカビが取れますか?』

ちょっと待って下さいな。20cmですよ。自慢じゃないですが私のおなかはメタボで足のサイズは26.5cmです。とりあえず見積もりは出すことにしましたが。

そうそう、昨日は燕市に行ったのでマンホールを記念にカシャッ。

地元で飲食店を多店舗運営されている本社事務所にも同行させてもらいました。そこの担当者が言われるのは『天井にカビが大繁殖していたので2年前に防カビの塗料を塗ったので今はカビがありませんよ』と残念。退社後、時間があったのでその店舗にお客として行ってみました。天井をそっと見上げると、なんと!

カビ・カビ・カビが大繁殖中!(画像は撮れません)

防カビ塗装を過信してはいけませんです。

商社の方にきっちりチクッてホテルに帰りました。 


 

 公開日:2018年06月04日

愛知のカビ取り業者、新潟で同行営業とデモ施工①

 今日から2泊3日で新潟県に来ています。

商社の方々と『カビ取り』の同行営業をさせてもらうためです。みなさん素敵な方ばかりです。本当に感謝しなければいけません。

初日は午後に新潟入り。車で約6時間かかりました。

この日は食品工場でカビ取りのデモ施工を行いました。そこの社長は商談中チェーンスモーク。よほどのヘビースモーカー。銘柄は『ハイライト』おー私とおんなじ。よ~く見ると年齢も近そうでした。見積もり依頼を受け、この日は早々にホテルイン。

ぶらっと寄ったお蕎麦屋さん。後日聞くところによるとかなりの有名店とのこと。そんなことはつゆ知らず

『ブログに書きたいので写真撮らせて』とお許しを頂いたお店です。稲荷寿司のご飯がほんのり暖かくて冷たいお蕎麦にバッチリの相性でした。  


 

 公開日:2018年06月03日

愛知のカビ取り業者、関西でカビ取り施工!

日曜日でしたが関西の食品工場でカビ取り施工してきました。名前は出せませんが超有名な会社です。

小さな赤丸は以前私がデモ施工した箇所です。完璧にカビを除去しました。大きな赤丸は、私のデモ施工を見ていた工場のスタッフが

『液剤がすごいだけで、そんなもん俺にもできるから液剤を貸せ!』と私から取り上げ施工した部分です。

トーシローとプロの腕の差が歴然と出てしまいました。ビッグホワイのカビ取り施工はすごい!と自画自賛。アップの人は本日応援に駆けつけてくれた倉田の慎ちゃんです。記念にアップの画像をアップ。

ついでながら私の作業画像も入れときました。 


 

 公開日:2018年06月01日

愛知のカビ取り業者、新車が来たが!

プロボックスの新車が来ました。

もちろん5年リースです。

熱海にカビ取りの打合せがあり、その帰り道に加盟店さんに行きました。

かねてより頼んでいたステッカーを作ってもらうためです。ガタイに似合わず手先の器用な松田さんの手作りです。本来ならカラー印刷ができないそうでしたがそこはアイデアマン松田さんが本領発揮で出来上がりました。

意気揚々と我が家に帰りステッカーを貼ったことを家族に伝えると『え~!無地の方が良いのに!』と総スカン。いじけるしかない私でした。 


 

 公開日:2018年05月29日

愛知のカビ取り業者、愛車との別れ

今日は、ちょっとしたお別れがありました。

カビ取り施工や消臭施工そしてCELA水の販売等に、いつも使用していたプロボックスが廃車になりました。ガソリン車で270,000kmも持ちこたえてきてくれたのですが、最近はヘッドライトも点かなくなり、ドアのロックはままならず、もうヨボヨボでした。

『ニオイバスター』として消臭施工をやり始めた名残のステッカーともお別れです。

約10年間、苦楽を共にしてきた相棒でした。

いざ廃車となると、込み上げてくるものがあります。

唯一心残りなのが、まだメモリーが3つあるガソリンの残量です。 


 

 公開日:2018年05月28日

愛知のカビ取り業者、本日は三重県に来ました

今日は三重県に来ました。

岐阜県の代理店である牛田さんと同行で喫煙室のヤニ分解除去施工です。

気温は25℃で少し蒸し暑いかなという天候でした。

施工がはじまると5分も経たずに牛田さんは汗びっしょり。お客さんの目に映るその姿は、滅茶苦茶 一生懸命施工している様に見えたはずです。が、一緒に作業している私は汗ひとつ出ていません。

『お前も一生懸命作業しろよ!』

という無言の圧力を背中に感じた私でした。

施工が無事終了し、遅めの昼食。

『今、ダイエットしているんだ』と言っていた牛田さんが『王将』に行こうと車を発進しました。

私は、蕎麦の方が良いと思ったのですが・・・・・ 


 

 公開日:2018年05月25日

愛知のカビ取り業者、本日は石川県に来ました

本日は石川県です。

静岡県の加盟店の池谷さんからの依頼で改装中のホテルのデモ施工に同行しました。

諸事情で早めにデモが終わりましたので、ちょっと足をのばして『かほく市』に行ってきました。

ここは、マンホールの蓋に広告を載せるというアイデアで市の財政をまかなったり、マンホールカードを発行して観光客を集める試みをしている所です。

JR宇野気駅の周辺にあるマンホールです。

ラジオで知ったのですが、最近はマンホール女子も多数見に来ているとのことでしたが、この日は平日の夕方でしたので地元の中学生しかいませんでした。 


 

 公開日:2018年05月19日

愛知のカビ取り業者、本日は福島県に来ました

本日は福島県の食品工場でのカビ取り施工。

作業着に着替える前に記念撮影。隣のちょっと太めの人は本日応援に来てくれた松田さんです。

保護メガネを装着して、いざ作業開始。

途中自分の熱気で眼鏡が曇ってきたので、保護メガネをはずして作業するという横着なことをしたので、液剤が目に入ってしまい、しみ~る!

作業は基本が大事です。油断をしたのでこのありさま。情けない限り。

予定終了時間を少々オーバーしましたが仕上げは上々

『流石!カビ取りのチャンピオン!』

自分で自分をほめたたえて帰路に着く私です。 


 

 公開日:2018年05月16日

食Biz ~ 新潟県で展示会に出展

新潟県で開催の『食』をテーマにした異業種の展示会。

カビ取りでの出展は新潟では初めて。

地元商社のご厚意でブースを間借りしての出展です。

まだまだ、私のような『カビ取り専門業者』が存在していることを知らない方がほとんど。

ブースでは50インチのモニター2台を持ち込アピール。

商社の方も積極的に応援して下さり、来場者を次々に弊社のコーナーに連れてきてくださいました。

50インチでの動画は迫力満点。

『こんなことができるのか!』

『実はカビに悩んでいたが、対応がわからなくて困っていたんだ』とかなり好評化。

新潟県でのカビ取り施工を行える日もそう遠くないと実感した展示会でした。

商社の方、ありがとうございました。


 

 公開日:2018年05月12日

洋間の幅木のカビ取り

岐阜県の中古住宅。

クロスにカビが繁殖し、さらには幅木の内側にもカビが繁殖している。クロスは貼り替えをするらしいが、なんと!幅木は取り換えず既存のものをそのまま使用せよとオーナーの無茶ブリ。

リフォーム会社の社長から『こんなカビも取れる?』と問い合わせ。

取り換えた方が早いことは誰が見ても一目瞭然。

しかし、そこは私、カビ取りのチャンピオンに不可能はなし。なんとケチなオーナーだとは一切顔に出さず

『喜んで!』とカビ取り開始。

結果はこのとおりです。


 

 公開日:2018年05月09日

カビ取りの現場調査とデモ施工~徳島県

牛田さんとのカビ取りデモの旅、2日目。

超有名食品工場でのカビ取りデモ施工。

現場は冷凍庫の外にある通路の天井のカビ。

かなり厚いカビ。よくぞここまで育てあげたと感心するぐらい。

いつものように平静を装ってデモ開始。

30分後、カビが消えて天井の地肌が見えてきました。

工場の人達の『ヴオー!』という叫び声に牛田さんは

ドヤ顔。

四国は初見参の牛田さんは讃岐うどんを食べたそうでしたが時間の関係で淡路島で遅めの昼食。

鯛うどんは絶品でした。 


 

 公開日:2018年05月08日

カビ取りの現場調査とデモ施工~広島県

食肉産業展でお名刺を交換させて頂いた方とアポイントが取れ、いざ広島県へ。

偶然にも弊社代理店の牛田さんも四国でアポが取れたとのことで2人で一泊の営業の旅路。

初日は私のアポ先、広島県福山市へ。

地元商社の常務の紹介で食品加工工場に向かう。残念ながら工場内は撮影禁止。

眼鏡の私は蒸気でレンズが曇ってしまい作業不可能。

牛田さんに助けてもらいデモ完了!そして、いつものように即、見積もり依頼ゲット。

『せっかく広島にきたので、広島焼きを食べよう!』

と牛田さんに誘われてきたお店が『いわべえ』

ちょっと偏屈なオヤジでしたが味は最高。牛田さんは広島カープのファンと偽り、偏屈オヤジと意気投合。 


 

 公開日:2018年05月02日

カビ取り施工後の経過確認してきました

カビ取り施工後の経過を見てきました。

現場は岐阜県のホテルさん。

廊下のカビ臭の消臭に呼ばれ、カビ臭の原因である

備品庫のカビを除去した現場です。

 

ケイカル板に水性塗装の天井。一部素材が劣化し穴が

あいてしまっている箇所もありました。

施工は2015年10月でしたので2年と7か月経過してます。 雨漏り処理も済んでいるのでカビの再繁殖は見られませんでした。

上の左画像が施工前、上の右画像が施工直後。

下の画像が、施工後2年7か月目。

『流石!カビ取りのチャンピオン!』と

ほめて頂きました。


 

 公開日:2018年04月30日

愛知県のカビ取り業者が故郷に帰る

カビ取り業者故郷に帰る。

現在愛知県を本拠にしカビ取り施工をしていますが、私の生まれは兵庫県。

今日は女房と末娘を連れて実家に帰りました。

92才と88才の両親は2人生活。

近所の方に助けられながら、頑張っています。

高齢の為、普段は食が細いのですが、みんなで食卓を囲むと食が進むようです。

両親とも、ちょっぴりビールも飲んでいました。


 

 公開日:2018年04月28日

愛知県のカビ取り業者が宮城県に現る

愛知県のカビ取り業者である弊社が、この度、宮城県でカビ取り施工をしてきました。

 

乾麺の製造会社で、乾麺の粉が壁面や床に蓄積し

そこにカビが繁殖した工場でした。

 

壁の素材は化粧ベニヤ。いざ、カビ取り剤を噴霧するとなぜかマダラ模様になってしまった。ブラッシングするときれいな化粧ベニヤが顔を出す。カビの蓄積+汚れと思い作業を続ける。薄暗い工場内での作業を

ある程度終え外に出て汚水を見て愕然!

これはカビと汚れではなく塗料のキシラデコールだ!

 

カビと同時にキシラデコールを除去して作業終了。

やはり、デモ施工は大事だと痛感。 


 

 公開日:2018年04月02日

食品加工工場の最大の敵は?若きバイヤー

新規取引先のバイヤーが工場の視察に来たらしい。

それも20代のかわいい女性。

 

こんな若くて自社の加工技術の特徴が解るのかと少々訝っていると、この若きバイヤーは工場に入るなり天井を指さし「カビ!」と一言いい残して帰ってしまったそうな。

 

まさか、そこを指摘されるとはうかつだったと弊社に連絡が入ってきた。現場に行くと確かにすごい天井のカビ。これで食品加工会社?とは口に出さず早々にデモ施工をしカビを退治。

 

その場で施工金額を提示し商談成立。

10日後の施工写真がこれ。